GarageBand ’11が登場

20日に行われたアップルのイベント「Back to the Mac」で、iLife ’11が発表されました。iLife ’11にはMacの音楽制作ソフトとしておなじみのGarageBandの最新版も含まれています。

既に入門向けソフトとしては十分な機能を備えていたGarageBandですが、今回のアップデートではFlex Timeという生音源のタイミング補正機能やグルーブマッチングというトラックをまたいだグルーブ補正など、今まで上級者向けソフトにしかなかったような機能が搭載されました。トラックをまたいだグルーブ補正に関しては、他のDAWを見てもあまり例がない機能なので非常に楽しみですね。また、ギターアンプシミュレータやエフェクタの種類が増えており、全体的に生音源(とくにギター)に関する部分が強化されているようです。

実物が届き次第、レビュー記事をアップしようとおもいます。

アップル – GarageBand – Flex Timeをはじめとする様々な新機能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です