BFD2 v2.1 レビュー

ドラム音源の定番BFDが2.1にバージョンアップされたので早速使ってみました。Load On Demand機能やプレビュー機能などアップデートされた点はいくつかありますが、目玉はなんといってもPSP Vintage WarmerとOverloud BreverbのBFD特別版の搭載。bfd2以前のエントリにも書いた通り、BFD2になってからBFD上でドラムの音作りが出来るようになりました。BFD1.xの時代も全部のパートをパラで書き出すことでDAW側でエフェクトをかけて音作りをすることはできましたが、BFDの中だけで音作りを完成させてツーミックスの状態でDAWに送るようにできるとDAW側のミキサーがすっきりして作業効率が上がります。BFD2のミキサーは非常によく出来ているし、ドラムの音作りに必要なエフェクターも最適化されたものが揃っているのでDAWで自分でエフェクタを選んでパラメータをゼロから設定していくのに比べて作業が簡単です。

そこに今回Vintage Warmer、Breverbという二つのエフェクターが加わった事によってさらに強力になった感じです。特に、ご存知の通りVintage Warmerといえばリミッターの定番。単体で購入すると2万円以上するので、BFD専用とはいえ無料で搭載されたのは非常にうれしいですね。早速使ってみましたが、真ん中のDriveノブを右に回すだけでいい感じに音圧がでてきて、下手にコンプを重ねなくてもこれ一つである程度のレベルまでは音圧を得る事ができます。素晴らしい!

BFD2ユーザの方は無料でアップデートできるので、是非今すぐアップデートしましょう。2.1で保存したプロジェクトは2.0では読めなくなってしまうということなので注意してください。

ちなみに、BFD2は2009年6月30日までの期間限定で通常価格から2万円程度割り引かれて販売されているようです。

定番ドラム音源 BFD2.1 (2009年6月30日までの期間限定価格です)
●FxPansion BFD2 **期間限定特価**【数量限定!Groove Monkee MIDI ライブラリ無償ダウンロー…

ディスカッションに参加

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です